安藤の随筆

ご機嫌さまで御座います。

あんでぃです。悠久の時の中をたゆたう様にこの浮世を生きております。

先日、私事では御座いますが、髪の毛をパリパリ切りました。

縦横無尽、傍若無人に伸びきった髪の毛はもはや混沌(カオス)。

闇を切り裂く伝説の刃「美容師のハサミ」で、神に選ばれし覚醒された友達の美容師に切ってもらいました。

せっかくなのでこの伸び切った髪形に終焉をもたらし、狂気の沙汰ほど面白い髪型にしようと思い、

「加藤ミリアにしてください。」

とお願いしました。

一方その頃、時を同じくして違う物語が動き出す。

なんとお願いされた美容師(昔の戦友)はこともあろうかこんなことをいったのだ。私は耳を疑ったさ。

「ほんとにいいの?」

もちろん俺は時代遅れの侍おとこ。矢継ぎ早に言ってやったよ。

「武士は食わねど高楊枝、武士に二言は高楊枝だよ。」(おのののかもおののくドヤ顔)

美容師「はっはっはっは、奇遇だな、俺もちょうど何もかもぶっ壊してぇ気分なんだ。」

 

 

 

 

チョキ、チョキ、

 

チョキ、チョキ、

 

 

 

 

チョキ、チョキ、

 

チョキ、チョキ。

 

20150709ando

しばらくはこんなあんでぃで生きていこうと思います。

ってことでやんごとなく徒然なるままに 日ぐらし ディスプレイにむかひて 心に移り行く由無し事を そこはかとなく書き連ねた散文、安藤の随筆を書いてみようと思います。

頭ん中垂れ流しなので起承転結は支離滅裂!そこんとこあしからずな!

 

第一回のけふこよひは!

 

 

日常に潜む中二病ッぽい言葉ベスト5!!

 

 

 

最近筆者は中二病的言い回しがマイブームでして夜な夜なそんな文言を読み漁ってる次第です。

このブログ記事の枕にあたる冒頭のところでも垣間見えたのではないでしょうか?

おっと!先走りしすぎましたね。まずは中二病についての説明ですがまどろっこしいのでこの記事の最初のほう読んでください。そんな世界観です。

中二病に関しては賛否両論ありますが、僕は純粋に大好きです。

そして中二病において最も誉れ高き高みを極めた症状なのは自分では中二病だと思っていないタイプの中二病。

自覚症状ないパティーン!

僕は好き過ぎて日常生活においてみだりに乱用するそんなつもり無いけど中二病に聞こえるワードを勝手にランキングしました。

それでは5位からどうぞ!

 

 

 

第5位 二段階右折

 

ただの右折じゃない・・・・・・俺の右折は二段階だ。

くっ!ここでは不思議な力によって二段階右折が封じられている。

150px-Japan_road_sign_327-9.svg

英語で言うとフックターン(かぎ曲がり)なの憎い演出ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4位 インサイダー取引

 

 

大魔帝インサイダー「この取引において貴様の代償はその魂の一部となる、しかも、わずかに残りしその命のともし火消えた後も肉体から開放された魂は無間地獄で紅蓮の炎に焼かれることになるのだぞ。」

インサイダー取引は、金融商品市場の信頼を損なう代表的な不公正取引です。

絶対にやめましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3位 狂い咲き

 

 

季節はずれに花が咲くことです。

また、世界大百科事典第2版の説明によると

植物の開花は種によって一定の季節に定まっているが,これは日長その他の条件によって支配されている。それらの条件が乱されると,種特有の季節と異なった時に花を咲かせることがある。

もう書物の名前も解説文も中二病三昧でお腹ぱんちくりんでございます。

それより何より狂い咲きという単語を今まで使ったことが無いのが中二病を加速させます。

読者の皆さんも日常で見かけた狂い咲いてる植物あったら写真とって送ってくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2位 世をうぢ山と 人はいふなり

 

 

みんな大好き百人一首の一句ですね。

わが庵は 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり
作者は喜撰法師(きせんほうし。9世紀後半)ピンとこないと思いますがあの元祖ネカマの紀貫之が
「宇治山の僧喜撰は、言葉かすかにして、初め終りたしかならず。いはば、秋の月を見るに、暁の雲にあへるがごとし」
と言ったとか言わないとか。

あと同じ時代では京都は極楽寺坂の門前で三日三晩飲まず食わずで野たれ死んだが33の歳、小野小町っちもいます。

これは下の句なので百人一首では引っぱたいて分捕るほうのカードですね。

この下の句から発する、

「ん?なんか知んねーけど、そうやって世間は俺の事言ってるみたいよ、うぢ山・・・・・・ってね。」

という態度。想像するに容易く鳥肌がこそぎ立ちます。

ちなみに坊主めくりだと喜撰法師は一番つるっぱげなのでめくるめくカードもってかれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1位 嵌め殺し

 

 

出た。地獄の神に祝福されし伝説のヒットマンの必殺技かの様なネーミング。

きっとあれだな、窓ガラスや障子にとって開閉は呼吸のようなもの。

その呼吸をする猶予を与えず身動きを封じることによって活路、いきるみちをふさいだ、すなわち嵌め殺し。

人間の業の深さがきわだったな。

僕にとって昔からこの言葉はゾクゾクきてたぜ。

 

 

 

 

以上の結果に相成りました。

惜しくも時点で御殿場高原時之栖

ってのがあがってました。せっかくなのでビールのみに行こうと思います。

ではまたね!!

このエントリーをはてなブックマークに追加